睡眠物質メラトニンの作用とは

TOP


メラトニンとはどういうものか

 メラトニンが増加すると人は眠さを感じます。
 この脳内物質は別の脳内物質であるセロトニンによって生成されます。
 よってセロトニンが減少し、メラトニンが作られなくなると不眠症になってしまいます。

 また、この脳内物質には抗酸化作用といって老化防止の効能をもっています。

減少の原因

 メラトニンが少なくなってしまう原因は朝太陽の光を浴びないというのが考えられます
 朝起きて太陽の光を浴びる行為はセロトニンを増やします。
 ただセロトニン自体はメラトニンを作る脳内物質であるため、昼過ぎに起きるような
 生活では夜になってもメラトニンの生成が追いつかず朝方にならないと眠くならない
 なんてことになってしまいます。
 だいたい朝起きて太陽の光を浴びた後15時間ほどでピークになります。
 そのため朝しっかり起きていればその前に何時間寝ていたとしても15時間後には眠気を
 感じるはずです。

増やすには

 メラトニンを直接増やすサプリメントなどはありませんので、セロトニンを増やすようにします
 上でも述べたように早起きして太陽の光を浴びる事、ビタミンBとトリプトファンを摂取
 する事、セロトニン神経を刺激するため、リズム感のある運動をする、もしくは首周りを
 鍛えたり動かしたりします。

 追記:日本以外ではメラトニンを直接摂取できるサプリメントが販売されていて、
 楽天などでは個人輸入商品が購入できるところがあるようです。
 安全性などが不明なため、現在日本で直接購入できる商品はないようです。

睡眠を我慢すると

 メラトニンが増えると血圧が下がるため、低血圧の人は意識が飛んでしまう事もあります。
 その状態で無理に起きようとしていわゆる徹夜などをしてしまうと強いストレスに
 なってしまいます。